憧れの礼文島へ!

3泊4日の北海道の旅から帰宅した。
今回は、ずっと前から憧れていた「レブンアツモリソウ」を見るため、礼文島を目的に行った。



稚内から船で1時間45分、まずは利尻島に到着。
船からも、着いてからも、利尻富士が、雄大な姿を見せてくれていた。

画像


姫沼、オタトマリ沼を見た後は、礼文島へ。

花の浮島、礼文島!!
私の中のイメージでは、花で溢れている島を想像していたが、その島で咲く花は小さく可憐で、群生地と言っても、ポツンポツンとあるだけの、ひっそりと花の咲く土地であった。

その咲いているのを見ると、けなげで、よく咲いてくれているねと、言いたくなる。
高山植物が、高い山に登らなくても見られる、その嬉しさ!!

沢山あったレブンアツモリソウは、昔は子供達が沢山摘んで、遊んでいたほどだったのが、ドンドン少なくなり、とうとう、貴重な保護植物になってしまったという。
人の行かない場所などには咲いているらしいが、今、見るためには、しっかり守られている群生地に行く以外になくなってしまった。

その群生地に着いた。
うんうん、咲いている。
思ったより大きな花なのねぇ~。

画像


画像
こんにちは、初めまして、嬉しいよ!(*^-^*)


ここには、ハクサンチドリ、レブンコザクラ、エゾノハクサンイチゲ、キジムシロ、チシマフウロ、ミヤマオダマキなど、沢山の花がある。

出来うる限り、沢山撮ってきた。
ホームページに、写真を載せる事にしよう!

それにしても、雄大な景色の見られる島でもある。

画像
礼文島の紹介の写真として使われる澄海(すかい)岬から




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0