ルーツ!!

昨日から今日にかけて、南阿蘇に遊んだ。

私達夫婦、母とその友人の4人での、とても楽しい旅だった。

寒くなる、寒くなる、と天気予報がしきりに脅すので、かなり厚手の服を持って行き、覚悟していたら、何とも穏やかな青空が広がり、風は少し冷たかったが、とても爽やかな二日間を過ごす事ができた。

まあ、日ごろの行いが良いというのは、こういうものかもねヽ(⌒∀⌒)ノ

まずは、母が行った事が無いという高森湧水トンネルへ。

画像
500mもの道のりに疲れて、ちょっと一休み(*^-^*)

トンネルの中を歩いていくと、毎分35トンもの水が湧いているところに突き当たる。

その前には、ウォーターパールが・・・。
画像

これは、上から下へ流れる水に、特殊な音波やストロボを当て、球体に見えるようにシステム化されたものらしい。


さて、いよいよ垂玉温泉の山口旅館へ。

垂玉温泉には、旅館は、ここ山口旅館一軒だけだそうだ。

山の中腹にあるその旅館の前には、かなり落差のある滝が流れ落ち、その周囲はすっかり紅葉しており、それはそれは素晴らしい景色が目の前に広がった。

画像
あまりにも日差しが強くて、写真が白っぽくなってしまう~


しばらく見とれ、その後、旅館へ入った。
相当昔からあるこの旅館、色々想像していたが、思ったよりもかなり立派な旅館だった。

画像


画像


五足の靴」の中に、この旅館の事が出てくるようだ。
これは、若き日の与謝野寛、太田正雄、北原白秋、平野万里、吉井勇、5人の紀行文である。

8月13日に宿泊したらしい。

「後ろに滝の音面白き山を負ひ、右に切っ立ての岡を控え、左の谷川を流し、前はからりと明るく群山を見下し、遥かに有明の海が水平線にひかる。
高く堅固な石垣の具合、黒く厳しい山門の様子、古めいた家の作り、辺の要害といひ如何見ても城郭である。
天が下を震はせた昔の豪族の本陣らしい所に、一味の優しさを加えた趣がある。
これが垂玉の湯である」

この有名な紀行文に、この旅館が載っているなんて、今の今まで知らなかった。
何だか感激した!!

ここは、父の里に当たっていて、遠い昔、父のおばあさまが仕切っていて、その後は父の従姉妹が女将さんだったらしい。

この従姉妹は、偶然にも母と同じ女学校を出ていて、少し年上だったそうだが、もう早く亡くなって、若い孫が居た。

彼は、父の事は勿論、誰がどうなっているのか、何にも知らない。
まあ、そうだろうな~・・、わが長男と同じくらいの年だもの。

父の里、という事は私のルーツとなる。

私が赤ちゃんの時、家族3人で行ったら、仲居さんたちが、父の事を「坊ちゃま」と言ってたのよ、と以前母が言って笑って居たのを思い出した。ο(*^▽^*)ο

ロビーは、広々していて、窓は、すべて太い木枠である。
今時、こんな木枠の窓があるかしら・・??と話したほど、重厚な趣となっていた。

それもしっかり掃除が行き届き、とても良い感じだ。

でも、古い旅館によくあるタイプで、部屋に行くまで階段が多く、また温泉に入るのには外に出るのだが、そこには坂もあって、高齢の母には、とても大変な所だった。

この旅館の売りのひとつに「滝の湯」がある。

宿から先ほどの滝の所まで行き、その下が温泉になっているのだ。
画像
滝のすぐ近くまで歩いて行く

画像
この左側に激しい滝が流れ落ちている


ここは混浴なので、女性は、分厚い和紙(?)で出来た長めの肩紐のついたタンクトップのようなものを着て、湯に浸かるのだ。

面白いアイデアだな~と、笑ってしまった。

目の前に、うっすらと虹のかかる滝を見ながら、少しだけ白濁した湯に浸かるのは、初めての体験で、それはそれは気持ちが良かった。
夫は女性3人に恐れをなしてか、入らなかった(^_^;)

母達が、しきりに気の毒がるのも、面白い。
まあ、夫は入りたいときは、一人で行くだろうから、大丈夫!ο(^▽^*)ο~♪

最後まで、男性も女性も、他のお客さんは誰もおらず、私達3人だけ、のんびりユッタリと浸る事が出来て、本当に幸せだった。
お湯の温度も丁度良くて、ホカホカと温まってくる。

その後、その、水を含んでずっしりと重くなった和紙の服(?)を脱ぎ捨てて浴衣に着替えなおし、今度は大浴場へ・・・。

この大浴場の湯船から、直接廊下のような所を通って「カジカの湯」に行くと、ここには、樽湯がある。

すべてのお湯に入り尽くした♪

さて、お風呂にタップリ入って部屋に戻ると、5時。

6時の夕食には丁度良い時間ではないか。

画像

画像

和牛はとても美味しかったが、後はいわゆる旅館料理で、あまり好きなものが無くて、少々不満が残った。

と、3日の夜は更けて行く・・・。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス