テーマ:

やっと咲いた!!

今年は、何年も何年も咲かなかった花が、・・10年か それ以上の年月に蕾のまま落ちていたのに、やっと咲いた。 芍薬だ。 立てば芍薬・・・、と言われているが、立ち姿が実に美しい。 なんと、今年は3輪も咲いた・・、 不思議な気分だ。 反対…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日は一旦退院!

今日は一日だけ退院してきて、また、明日は、別の病院に入院する。 先生は、できるだけ家で過ごして欲しいとおっしゃっているのだ。 有難いな・・・。 9時半ごろまでに病院に迎えに行って、そのあとは、今度はいる病院を見て帰ろうと話している。 昨日の夕食は、初めて5分粥で、これに、カボチャのスープ、さつまいもの裏漉し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tさんご夫妻が来てくださった!!

今日は良いお天気になった!! 昨日、庭の水遣りをするついでに、グルッと回ってみた。 木々は、生き生きしている。 柳紅葉は、赤と緑の両方ともフサフサしているし、門の外のツツジは、花を咲かせ始めている。 サクランボの木は、とても沢山の実をを付けているぞ!! その…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

穏やかな日々。

今日は、これまでのお天気から一転、雨になった。 降る雨は、あらまあ、と思うけれども、でもこれは庭木にとっては、大切なものだ。 そういえば、この所カラカラに乾燥していた。 ほとほと と降っている雨は、良きお湿りである。 この4~5日は穏やかな日が続いている。 何事もなく、このまま、ずっとこの状態が続きます…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

春のような・・・(⌒▽⌒)

ポカポカと、春のような陽気の今日だ。 外出から帰宅すると、誰もいない。 多分、夫は畑に行っているのだろう。 収穫してくるものは、白菜とキャベツだけ、今日はすべて撤収しなくてはならないが、そのくらいなら、一人で大丈夫だと言っていた。 もう、畑は、来季はやらない。 お疲れ様でした!! さて、こんな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロウバイ !

夫が植えて、音沙汰なしだったロウバイが、5年目に一輪、次の年は5輪と咲き始め、10年近くなった今年は、沢山の花を付けてくれた。 iPad で撮りました iPad で写真を撮ることはあまりないが、ブログをiPadで書くようになって、カメラで撮った画像をパソコンで一々処理するのが面倒になったので、やってみたのだが、接写は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハナシノブに会いに・・・。

阿蘇に行って来た。 時々舞い込む休暇村からのハガキに 「花しのぶが咲きました」と、書いてあったからだ。 咲く場所は「休暇村 南阿蘇」の隣にある「野草園」。 ここ数年、毎年写真を撮りに行っている。 今年も、ソレーッ!と、行って来たのだ。 台風が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

庭の花達。

良いお天気だ。 こんな空を見上げていたら、竜巻というのは、ホンの少しの時間だったのだ、と切ない気持になってきた。 先日の竜巻には、心底驚いた。 アメリカの広大な大地を渦巻きながら進む巨大な竜巻を、何度かテレビで見た事があるが、こんな事、密集した日本にもあるんだ~・・…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

春の庭・・・台所側から。

本日怒涛の二連発UP! 庭に出てみると、 タイツリソウの花が、3つになっていた。 おぉ~、オオデマリが、 我が家に来て初めて花を付けているではないか! 木の芽はツヤツヤと 花ニラは、星を散りばめたように咲いている。 花ニラの向こうには、今年もミョウガが 沢山芽を出しているゾ!! …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロウバイでろうばい・・・!

蝋梅を植えて5年経った一昨年、やっと花が一輪だけ咲いた。 夫が買ってきた小さな小さな苗木は、背は少し伸びるものの、葉も花も出してくれず、それがあまりにも長いので「これって本当に蝋梅なの?」と、首をかしげるほど沈黙していた。 それが一昨年に一輪咲き、去年は数輪咲き、今年は沢山の花を咲かせてくれている。 ところが・・・葉が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春は、もうそこに・・・。

毎年、待ちわびている春が、今年はことのほか待たれる。 寒くて寝られないという被災者の方々に、早くぬくもりを届けてほしい。 そう思いつつ、桜の花の様子を見に行って来た。 我が家の隣の古墳公園だ。 小さな敷地なのに何本もの桜の木があり、毎年綺麗に咲いてくれて、楽しみな公園だ。 今年はまだまだ寒い。 昨日など、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

椿のももたろう!

小さな苗から植えた椿が、 この近年、よく花を付けるようになった。 それもかなり大きい!! つつましやかに咲く「侘び助」が一番好きだが、 植木屋さんで、細い苗に一つだけ咲いていた花の、 あまりの色の美しさに思わず買ったものだ。 うっすらと仄かなピンク色は、本当に桃のようだ。 こんな日本になったのに、今年は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

太宰府の菖蒲

昨日は、太宰府に菖蒲を見に行った。 私が所属している「S塾」の、散策&撮影オフ会である。 湿気のある猛烈な暑さの中、13名もの参加者があった。 まずは太宰府天満宮への参拝。 そして菖蒲池へ。 ほぼ満開状態 池のほとりの店で昼食を取り、次は九州国立博物館である。 少し、休まなきゃ・・・。 私のお…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

憧れの礼文島へ 3

今日は、私が住んでいる市の、ごみ0(ゼロ)の日。 アチコチの町内では、公園掃除、草取り、公民館掃除などを行う日だ。 先ほど終わって帰宅した、やれやれ・・・。 我が家の庭を見ると、全く掃除が行き届いていないな~、とちょっと反省(^_^;)。 夫は今日、どこかへバスツアーに行った。 何度聞いても忘れてしまう場所で、確か…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

憧れの礼文島へ 2

今日は、涼しい一日だった。 母の家に行くと、「だご汁」が出来ていた。 熊本育ちの母のだご汁は、サツマイモを輪切りにして、小麦粉を練った生地で包んだものや、根菜を、鰹節たっぷりの濃い目の出汁に入れて、煮るのである。 出汁の旨みと、モチモチした厚めの皮に包まれた甘いサツマイモが、なんとも言えず美味しい。 子供の時は、あま…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

憧れの礼文島へ!

3泊4日の北海道の旅から帰宅した。 今回は、ずっと前から憧れていた「レブンアツモリソウ」を見るため、礼文島を目的に行った。 稚内から船で1時間45分、まずは利尻島に到着。 船からも、着いてからも、利尻富士が、雄大な姿を見せてくれていた。 姫沼、オタトマリ沼を見た後は、礼文島へ。 花の浮島、礼文島!!…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

花盗人!!

今朝、友のブログを読んでショックを受け、悲しくなった。 花盗人に遭ったという。 特別に、花を愛し、植物図鑑のように詳しい彼女だから、さぞかし心を込めて世話をしていたに違いない。 雑草でさえ、愛おしむ人だ。 阿蘇の別荘に植えていた、スズラン、チゴユリ、ニリンソウ、オキナグサ・・・、ごっそりと、根こそぎ持って行かれたとい…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ホテル海ノ中道、そして竈門(かまど)神社!

福岡の東方に浮かぶ島、志賀島に行く途中に、海ノ中道海浜公園があり、そこに「ホテル海ノ中道」がある。 すぐ隣にマリンワールドという水族館もあり、人気のホテルだ。 1度、宿泊したことがあるが、全室オーシャンビューで、部屋からの眺めが素晴らしい。 ここの無料宿泊券を頂いた。 母を誘うと、まだ宿泊する自信がないという。 でもま…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

一心行大桜 ライトアップ

夫が申し込んでいたバスツアーに、行ってきた。 熊本にある一心行の桜のライトアップを見に行くのだ。 何度か行ったが、2004年の台風で、上の方がポッキリと折れてしまったらしい。 姿が違って来ているというが、どんなになっているのか、それも見たい。 夜のライトアップがメインなので、出発はお昼近くになった。 昼食は、「肥後…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

見ぃ~つけた!

先日のお花見で、近辺を散策して、色んな草花を見つけた。 いやいや、私が見つけたわけではなく、「歩く植物図鑑」(笑)のような人が見つけてくれたものを、一緒に歩いていた私が写真に撮って行ったのである。 ノミノフスマ ハハコグサ キランソウ ミツバアケビの花芽 ナガバノモミジイチゴ …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

お花見!!

「お花見のお誘い ブルーシートの上で 薄茶一服如何でしょうか?」 こんな、ユーモアタップリのお誘いがあった。 もう一つのパソコン教室の仲間が、その教室のみんなへ呼びかけてくれたのである。 「お茶」の先生もされている人で、行きたくてたまらなかったが、行けそうもなく諦めていた。 しかし、当日の今日になって、ひょんな事から行か…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more