北京ダック!

北京ダックを食べに行ってきた!ヽ(⌒∀⌒)ノ

キッカケは、いつも母と一緒して下さるお友達のHさんが、「横浜に住んでいる時、中華街でよく食べていたのに、福岡に来て40年・・・一度も食べていないわ~」とおっしゃった事だった。

母も私も、餃子のような皮に包んだものを食べていたが、母はそれを北京ダックと思いこんでいたらしいが、それは絶対に鶏肉だよ・・、と言う話も出た。

それじゃあ、是非とも一度は行ってみなくては・・、と言う事になり、昨日、3人で行ったのだった。

一羽丸ごとなんて、87歳、81歳の高齢者がいるので、到底食べきれないと思ったら、店員さんが、
「おひとり”3つ”くらいしかありません」と言うではないか!

えー、そんなに少ないの?
それじゃ、足りないねと、別に色々と注文してしまった。

北京ダックは皮だけを食べるため、肉が残る。

この肉は、臭みがあるので、味噌などで臭み消しをして、お出しできますと言っていたが、それは、いらないので処分して貰うように頼んだ。

来た来た・・・。
画像

画像
皮を見事に切り分けてくれる

画像
これが切り取った皮

画像
一緒に包むもの

画像
こうやって包みます


満席の店内では、チラチラとこちらを見ている人も多かった。
「あれが北京ダック」という声も聞こえてきた。

どうぞ、と言われて食べると、何たる美味しさ!!

油の乗ったダックの皮とキュウリと白髪ねぎ、そして何より、この甘味噌の旨さと言ったら!!


なぁ~にが一人3個なものですか、一枚に一切れ包んでいたが、あまりにも皮が沢山とれて、最後の二枚は、3切れ以上包まないと残る事になってしまった。

あまり沢山の皮を包むと、脂が多いので、胸に来る。

で、包むモチモチした皮は、いくらでも追加が出来るが、しかしこれももち米だろうか、結構お腹が膨れるのだ。

結局、頑張って一人6個くらい食べたかなぁ・・・。

これに、エビの春巻きなどを注文していたが、あまりにもお腹一杯になったので、キャンセルし、蟹チャーハンだけを作って貰う事になった。


一羽5000円。

それにチャーハン1200円。

二人で割り勘にしてくれた。

う~ん、私はいつもご馳走になるばかりで、申し訳ない。

パソコンの生徒さんだったので、いつもご馳走して下さるのだ・・・未だに・・・。


この方は久しぶり、そして母と私は初体験。

3人とも大満足の一日でした!!ο(^▽^*)ο~♪















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス